スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かわいいメガネ

女性に人気のかわいいメガネが入荷しました。

「Hiero」(ヒエロ)というハウスブランドです。


色使いが素敵!


前後の色の組み合わせの妙


フルメタルタイプ・後ろが白だけどわかるかな


セルフレーム・裏生地の透明具合がおいしそう!?


まるでキャンデーのような色合い


テンプル付根も丸くてgood

Hieroは、発売当初から海外に販路があったため、輸出されて

欧米で人気が高まったブランドです。

それを知った日本も話題沸騰のいわば「逆輸入ブランド」です。

もちろん日本製ですので精度の高い造りですが、

肩肘はらない気軽なデザインがかわいいですね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続いては宮本眼鏡さんのブランド

「FU×PAS」(フーパス)です。

もちろん国産ですが、使用している金属が

サンコバルトといって弾力性があり

丈夫ですが、フィッティングしやすく曲げやすい

素材です。いくら形状記憶だベータだといっても

こちらの意思どうりに曲げられなかったり

クリングス(鼻パッドのついているアーム部分)が

いじりづらいのはダメです。

その点国産のしっかりしたメーカーの物は

安心です。


細くて、丈夫で、小さい。


玉型ちがい。丸みがあるタイプです。

近視や遠視がたくさんある方で、お顔幅がそんなに広くない方にはベストです。


おまけ:ミッキーマウスのメガネスタンドです。ミニーもあるよ!

ただブランド名だけが有名な商品よりも、こうした

作り手の気持ちがわかるハウスブランドの商品はいいですね。

スポンサーサイト

磯村一路という監督

最近の日本映画の興隆には、目を見張るものがあります。

ハリウッドばりのCG全開の物もありますが

静かに展開していって

見た後でジーンと感動できるものが好きです。

「磯村一路」(いそむらいつみち)という監督の作品は

山田洋次監督などと同じ日本映画の香り

がして好きです。


「がんばっていきまっしょい」

以前もご紹介しましたが、四国・松山の女子高校生ボート部の

お話です。スポ根でもなく、脱力系でもない

「郷愁」系とでも言いましょうか。おじさんがさわやかな気持ちになれます。


「船を降りたら彼女の島」

OLの女性が久しぶりにふるさとの島に帰ってきて

自分さがしをする、そんなお話です。

友人・家族を改めて見直してみたくなります。


「雨鱒の川」

「小さな恋のメロディ」のようなラブ・ストーリーです。

ファンタジックな部分もありますが

現実離れした話にはなりません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
三作品とも音楽が素敵です。

「がんばって・・・・」はリーチェというフォークロア系の歌い手

「船を降りたら・・・・」は押尾コータローのギター

「雨鱒の川」は葉加瀬太郎のバイオリン

3つともCD持ってます。

例によって詳しいストーリーは書きませんが

好きな監督さんで作品を楽しむのも

一興ですね。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。